生産地、広島で食べた大きくて白いぷりぷりの牡蠣は最高!!

秋から冬にかけて、毎週必ず「鍋料理」を食べます。冷蔵庫に残っている野菜をたっぷり入れると栄養満点、部屋の中もなんだかポカポカします。カニ鍋も美味しいのですが、やはり「牡蠣」を入れた鍋も美味しいですね。全国色々なところで牡蠣が取れますが、やっぱり広島産の牡蠣が大きくてぷりぷりでおいしい!あまりにも美味しいので、「お腹いっぱい食べてみたい!」と思い、数年前、とうとう広島まで牡蠣を食べに行ったこともありました。港で大きな網を置いて牡蠣を焼いていたり、試食したり、採れたての牡蠣をその場で購入した後は、殻つきの牡蠣なので帰宅後、すぐに殻を開けてレンジで少し温めて食べたりもしました。普段は遠慮して少量しか食べれない牡蠣を、お腹いっぱい牡蠣を食べれたことが記憶に残っています。やっぱり生産地、広島で食べた牡蠣が一番美味しかったなぁ・・・しみじみ思い出したりします。今は子供達がいるのでなかなか遠出ができませんが、それでも「広島産カキ」と書いてある牡蠣を見るとついつい購入してしまいます。最近では、東京の方で「オイスターバー」というのがあるそうですね。広島産の養殖した牡蠣を卸しているとニュースで言っていましたが、ワクワクします。全国に広がるといいなぁ~なんて思いました。広島産牡蠣、今年もあの白い、大きなぷりぷりした身をたくさん食べたいと考えています。
詳しい情報はこちら:広島 牡蠣